避妊成功?アフターピルで生理が起こった、その後の対応

アフターピル服用後の生理が避妊成功の証なのか疑問を持つ女性

大好きな彼氏や大切にしている旦那さんとのセックスの後に、避妊失敗していることに気付いて病院処方の、もしくは手持ちのアフターピルを飲んで対処するでしょう。

その後しばらく経って生理が来たら、それで「良かった、妊娠しなかった・・・」とホッとする人も多いのではないでしょうか。実は、アフターピルを飲んだ後に起こる生理は避妊成功の証、というわけでは無いのです。

それは、出血があったとしても「妊娠」している可能性があるということを意味します。そうなった場合は、するべき対応を早急に行わなければ自分自身が望んでいる事とは違う結果になってしまうかもしれません。
その為、アフターピルを飲んだ後の出血が何を意味しているのかを理解して、自分がとるべき行動を知っておきましょう。

生理=避妊成功ではない

そもそも生理は私たち女性の身体に、自然な周期で起こる月経のことを言います。アフターピルを飲むことで引き起こされる生理のような出血は「不正出血」というのです。

本来アフターピルは、故意にホルモンバランスを変えることで排卵を抑制したり、子宮内膜の成熟を強引に早めて子宮内膜が剥がれ落ちやすい状態にします。
しかし、それらの働きがうまくいかなかったり、受精卵が着床する時までにアフターピルの服用が間に合わなければ、避妊効果は無く妊娠に至ってしまいます。

不正出血が起きた段階で、それが何を意味するのかを知っていれば万が一妊娠に至った時、早急に次の行動を起こすことが出来ます。

アフターピルを飲んで避妊をしようとしていた時点で、出産が難しいことが考えられますが「中絶」という選択肢があるのなら早い内に知って、出産か中絶かの決断をしなければいけません。そのためにも不正出血が持つ意味について知っておく必要があるのです。

不正出血を知る

アフターピルが起こす生理が持つ意味を知る
多くの人が思うように、アフターピルを飲んだ後に起こる不正出血には避妊成功の証になる出血もあります。それは消退出血というもので、生理同様に子宮内膜が経血となって剥がれ落ちる状態を指します。

しかし、排卵出血やその他の病気などの症状の1つとして出血を引き起こしていることもあるのです。排卵出血は、名前の通り排卵時に起こる少量の出血を意味していて、これは通常の生理前に起こる排卵の際にも同じ状況になる場合があります。

そして、他にも婦人科系の疾患の一症状として出血を引き起こすこともあるのです。アフターピルを服用して3日以内に出血を引き起こした場合には、避妊以外の原因と考えていいでしょう。

アフターピルを飲むことで、避妊効果を発揮して不正出血を起こすまでに「3日」は必要だとされているので、それより早い場合には注意が必要です。

妊娠して起こる着床出血の可能性もある

そして、もう1つの不正出血である着床出血にも注意が必要です。この出血は受精卵が子宮内膜に着床したことを意味しています。つまり、妊娠しているということです。

排卵出血、着床出血ともに出血量は少量であることが多いです。その為、出血があっても半日~2日程度であったり、ナプキンの交換も必要が無いほど表面に少し経血がつく程度であれば、どちらかである可能性はより高まります。

しかし、自身でどちらかの出血かというのを見分けるのは難しいでしょう。

避妊成功の確率が高いのはこんなとき

アフターピル服用後の出血で避妊成功率が高いのはこんな時
強引に生理を引き起こす働きをするアフターピルなので、前回の生理からそれほど日数が経っていなければ、比較的出血量は少量になるでしょう。普段の生理と比較して、すこしの出血量の増減や日数の長短があっても、心配することはありません。

これまでの生理と、それほど差を感じなければ避妊成功の確率が高いといえます。あまりに今までの出血量や日数と比較して、少なくて短い期間で終えた場合には病院を受診もしくは、妊娠検査薬で妊娠の有無を検査しましょう。

確実に避妊の結果を知りたいなら妊娠検査薬!

ただ、それぞれの不正出血のあらわれ方は個人差があるので排卵出血や着床出血でも期間が長引いたり、量が多くなってしまうこともあります。その為、消退出血であるかどうか自信が持てない場合には、妊娠検査薬を利用するなどして確認しましょう。

もし覚悟を決めて産むとしても、体調や環境を整えるなどの準備が必要にもなりますし、万が一妊娠してしまった時に、中絶を考えているのであれば早く行動していかないと手術が出来なくなってしまう可能性もあります。

そして、アフターピル服用後3日以内で出血があり、妊娠検査も陰性だった場合は婦人科系もしくは他の病気である可能性があるので、すぐに病院を受診することをおすすめします。

避妊に成功しても、その後の生理周期は乱れやすい

アフターピルで避妊成功後、生理不順には注意
避妊を回避することが出来ても、アフターピルで大きくホルモンバランスを乱している以上は、その後の生理周期も乱れることが考えられます。2~3ヵ月で安定してくる人もいれば、酷い人は本来の生理周期に戻るまでに半年以上かかるともいわれています。

そうしたホルモンバランスをより悪化させない為にも、生活リズムや食生活にも気を付けることをおすすめします。また、周期の乱れで生理痛が悪化してしまう人もいるので、早く生理周期をもとに戻したい場合には、低用量ピルの服用がおすすめです。

このように、アフターピルを飲んだ後の生理(不正出血)について知った上で、その後の対応をいざという時に行動に移せるようにしましょう。