アフターピルの飲み方が避妊効果に大きな影響を与えるのは本当?

グラスから水が溢れている

アフターピルを使うと性行為後の避妊が可能になるわけですが、それが何故なのかを理解しておくことはとても大きな意味を持つことになります。

何故ならアフターピルはただ飲めば高い避妊効果を得られるというものではなく、正しい飲み方を知った上でそれに沿って飲むことで初めて効果を発揮してくれるものだからです。

それを理解しないまま飲んだ場合には避妊出来ないばかりか副作用により辛い思いをする場合も有ります。

アフターピルをどのように使用すれば最大限の効果を得られるのかを使用する前に理解しておくことで安心して使うことが出来ます。

性行為後72時間以内の服用で避妊率は同じわけではない!?

布団の上の時計
アフターピルを飲む際に基本となるのは、性行為を行って妊娠の可能性がある場合、72時間が過ぎる前にアフターピルを飲むということが決められています。

これは妊娠のメカニズムと深い関係があるためで、72時間というボーダーラインを超えてしまうとと、アフターピルを飲んだ場合でも妊娠を阻止することが出来なくなるためです。

では72時間以内であればどんな飲み方でも同じ避妊効果と避妊率になるのかといえば、72時間の中でも避妊率は刻々と変化していくため、飲む時間により避妊率も変わってくることになります。

受精卵の着床までの仕組み

女性が妊娠するまでの仕組みとしては、受精卵が子宮内膜に着床することで初めて妊娠という状態へと移行します。

子宮内では卵子が排卵されることにより、子宮内に入り込んだ精子と結びつきを起こすことになります。

この結びつきがうまくいけばその時点で卵子が受精卵へと変わり、赤ちゃんの元となる卵が出来上がることになるわけです。

その後受精卵が子宮内膜へと移動し着床することで妊娠という状態へと体は変化していくことになります。

しかし卵子は排卵後24時間、精子は3日程度しか命を維持できないため、その間に受精そのものを阻害することが出来れば妊娠を回避できますし、仮に受精して受精卵が出来上がっていた場合でも、着床を阻止できればこの場合も妊娠を回避することが出来ます。

そのため受精卵が出来着床するまでの時間として72時間というボーダーラインが、アフターピルの飲み方には決められているわけです。

早く飲めば、その分高い確率で妊娠を防げる

24時間以内 98%程度
72時間以上 60%程度
36時間以内 95%程度
72時間以内 85%程度

アフターピルは飲むのが早いほどその効果は高いものとなります。

何故なら緊急避妊薬と言う名前の通り、通常のピルとは異なり強制的に生理と同じ状態を作り出す薬のため、飲み方を誤り遅く飲めば効果を得ることが出来なくなるためです。

薬を12時間以内に飲んだケースでは避妊率は実に99%程度と言う高いものになります。

これが24時間以内の場合は98%程度、36時間の場合は95%、72時間の場合は85%程度と言うように徐々に避妊率が低下していくことになります。

72時間を越えた後に飲んだ場合には、60%程度の避妊率となってしまうので、72時間を越えると急激に避妊率が下がることが分かります。

効果を高めようと飲む量を増やしても副作用が辛くなるだけ

アフターピルを飲む場合の飲み方として、効果を高めたいと考えて決められた量よりも多く薬を飲んでしまうとどうなるのでしょうか。

基本的にアフターピルはレボノルゲストレルという黄体ホルモンが主成分となっており、それを体内に取り込むことでホルモンバラスを変化させて避妊を行う薬です。

このホルモンバランスの変化は必要以上に飲む量を増やしてもそれ以上の変化はさほどありませんし、アフターピルに含まれているレボノルゲストレルは普通に使用した場合でも急激に体内の状態を変化させることができるほどの量となっています。

そのため飲む量を増やしても効果が倍増するわけではなく、ホルモンバランスの乱れによりただ副作用が辛くなるだけで避妊率には変化が無いと言うことになります。

決められた量を超えるアフターピルの飲み方は体への負担が大きく決してやってはいけない飲み方だと理解しておきましょう。

吐き出した時、もう一度服用しないと避妊効果は無くなる可能性もある

アフターピルを飲んでもしそれを吐き出してしまったら、避妊の効果は得られるのでしょうか。

これは飲んでからどれくらいの時間が経過していたかが重要となり、服用後数十分~3時間程度で吐き出した場合にはほぼアフターピルの成分を取り込めていないので再度服用しないと避妊効果を得ることが出来ません。

3時間以上経過していたのであれば体に成分を取り込めていますので再度服用する必要は無いでしょう。

アフターピルの飲み合わせにも注意!

水の入ったグラスといろいろな薬
アフターピルの飲み方として、飲み合わせにも注意をしなければいけないケースがあります。非常に強力な避妊薬であり、使用する際には体への負担も考えられます。

もし持病を持っていたり病気で薬を使用している場合、アフターピルを飲むことで思わぬトラブルが発生することもあります。

一般的な風邪薬などは特に飲み合わせで問題がおきることはありませんが、抗生物質のペニシリン系の薬やテトラサイクリン系の薬、喘息の薬を処方されて使用している場合は医師へ相談してから使用しないと副作用が引き起こされる可能性があります。

アフターピルは薬ですのでそのことを十分に理解し、飲み合わせによるトラブルが起きないようにすることが重要です。

服用前に、妊娠していないかどうか確認しておくことも大切

アフターピルを正しく使う飲み方として、使用前に妊娠していないかどうかを確認することも大切なことです。

すでに妊娠していた時にはアフターピルを使っても今の状況を打破出来ませんし、仮に妊娠に気づかないまま服用しても生理を引き起こすことは出来ず辛い副作用のみに耐えるだけという状況になることも考えられます。

妊娠していた時にアフターピルを使用しても胎児には影響はないといわれていますが、母体へのダメージが大きいのは避けられないので使用前に妊娠の確認をするようにして使用しましょう。