アフターピルの値段の違い

2つの箱を比べている

緊急避妊が出来るアフターピルですが、使用する場合には費用の負担が必要になりますので、一体どれくらいの価格を支払えばいいのかを知っておく必要があります。

日本では病院での処方に限り、緊急時に避妊薬として使用することができましたが、近年では通販を利用して購入すると言う方法も可能となりました。

病院での処方と通販では何が違うのか、価格に大きな差があるのでしょうか。これを知っておくことでアフターピルを更に便利に使用することが出来ます。

病院処方と通販のアフターピルの値段が違うのは本当?

お金とハテナマーク
アフターピルを使用するときは、緊急で避妊を行いたいときです。その場合には病院へ行き診察を受けて、医師からの指示により初めて薬を処方してもらえます。

そのため病院に行ってあらかじめ薬を処方してもらっておくと言う事も出来ませんし、予備として複数処方してもらうと言う事も出来ません。

価格に関しては病院での処方に関しては診察などの関係もあるため10,000~20,000円程度の費用負担を求められることになります。

では通販での購入はどうなのかと言えば、通販に関しては海外から輸入という形で購入することになり、その場合輸入代行を行っているサイトなどを利用して購入する形となります。

価格は病院での処方とは異なり約1/10程度で購入することが出来ますので、値段はかなりリーズナブルとなっています。

病院とは異なり予備として常備しておくことも出来ますし、安価な価格で購入できるので費用負担はかなり軽減されます。

アフターピルを処方してもらう時、保険は効かない

何故病院での処方の場合に価格が高額になるのかと言えば、これには訳があります。非常に強い薬であることと、薬局などでは販売することが出来ない処方薬、そして開発費に膨大な費用がかかっていることが関係しています。

アフターピルを処方してもらう場合、診察や薬の処方に関しては保険が一切適用されない為、全て実費での自己負担となるためです。

保険が適用されていれば3割負担程度の費用負担で済むわけですが、アフターピルに関してはその適用外の扱いとなるため高額な費用が発生することになります。

アフターピルが保険適用外なのは何故?

処方薬のモノクロ写真
なぜ、保険適用外なのかというと、それは保険そのものの仕組みに関係してきます。

社会保険や国民保険と言うのは本来日本で生活する人が健康に暮らせることを目的として医療費の一部を負担するだけで医療行為を利用することが出来るものとなっています。

そのため病気や怪我と言った場合には医療行為として認められるので保険を適用することが出来ます。

しかしアフターピルを使用するというケースにおいては、自分の不注意で避妊に失敗したと判断されるため、薬を処方する場合には医療行為としては認められないことになります。

性犯罪などに巻き込まれてやむ負えず使用する場合には、後から費用を返還してもらえる場合も有りますが、それは稀なケースですし被害届を提出する必要もあるため特殊なケースとなります。

そのため自分の不注意などで妊娠する可能性があるから、アフターピルが欲しいという場合は自己都合という判断となり、保険適用できず自己負担での処方となるわけです。

通販は格安でアフターピルを買うことができる

妊娠のリスクを回避する為にアフターピルを使用することができますが、やはり自己負担の費用が非常に重くのしかかるので利用を躊躇う人も少なくないでしょう。

しかし通販の利用によって、アフターピルが格安な価格で購入することが出来ますので、いざという時のことを考えるのであれば、通販で購入して常備しておくと便利です。

通販での購入は誰でも利用できますし、病院での処方のような高額な費用負担は必要ないので、手軽にアフターピルを入手するには最適な方法と言えます。

通販でアフターピルがとても安く買えるのは何故?

通販利用のイメージ
通販を利用するとなぜ価格が安くなるのかと言えば、これは病院の処方のように診察代や処方箋代といったものが一切発生しない為です。

病院の場合診察を受けるだけでも費用負担が発生しますし、薬を処方してもらうだけでも高額な費用が発生します。さらに病院に行く際の交通費などの負担もあるわけですので、どうしても費用がかさむことになります。

しかし通販の場合は純粋に薬の値段と送ってもらうための送料の負担だけとなるので安価な値段で購入することが出来るわけです。

不安などから医師の説明を受けたい時は病院処方が良い

通販で前もってアフターピルを買うことが、病院での処方よりも格安な値段でアフターピルを購入できます。

しかし通販での購入や使用する場合に関しては自己責任ということになります。

もし購入でのトラブルや使用した際に体調を崩してしまった場合も、自分で購入して使用するわけですのでその点に関しての責任が重くのしかかります。

ある程度知識画ある場合にはトラブルにも対処できますが、初めてアフターピルを使用するから不安だと感じるのであれば、病院での診察と医師からの説明がある病院処方を利用する方が良いでしょう。

通販の場合説明も無ければサポートもありませんので、それを理解した上で使用する必要があります。

妊娠してしまう事を考えるのであれば、医師からの説明を受けて処方薬を貰うのは高額になってしまうことは仕方無いと言えるかもしれませんが、かなりの高額な値段となるということを理解しておかなければいけません。

通販で買う時は、偽物に騙されないように注意!

薬とルーペ
通販でアフターピルを購入する場合には、偽物を掴まされないように注意することも重要です。

海外では粗悪な偽物も数多く出回っており、それを使用してしまうとアフターピルとしての効果が得られないばかりか体調を著しく崩してしまう可能性もあります。

そのため通販でアフターピルの購入を決める場合には、信頼できるサイトや業者を利用するのがポイントとなります。

あまりにも安すぎるサイトや、会社の実態がはっきりしないサイトでの購入は避け、大手の個人輸入代行サイトを利用するほうが良いでしょう。

サイト内に正規品保証を謳っているサイトや経営がしっかりしている企業のサイトであれば、安心して利用することが出来ます。

それぞれの特徴を理解して、普段は通販の利用がオススメ。

病院での処方と通販での購入にはそれぞれ一長一短があります。そのためそれぞれの特徴やメリット・デメリットを正しく理解してから使い分けするほうが良いでしょう。

病院では予備を貰えないので通販を利用して万が一に備えるというのも良いですし、詳しい説明を聞きたいし安心感を得たいので病院を利用するのも良いでしょう。

ただ避妊失敗というのは対策をしていてもいつ訪れるかわかりませんので、それに対する備えを考えた場合には通販を上手に利用してアフターピルをあらかじめ用意しておく方がオススメです。

価格的にも負担が少ないので通販の特徴を正しく知り上手く活用しましょう。

モーニングアフターピルを安く買える通販について詳しい記事はこちら≫≫