身体のメカニズムを変化させることが避妊につながるアフターピル

自分の身体を守ろうとする女性

性行為を行うと言うことは、妊娠してしまう可能性があることだと考えなければいけません。

そのため避妊をしっかりと行い妊娠をしないように心がけることがリスクを伴わない安全な性行為に繋がります。

しかし避妊対策が不十分な場合や対策をしないまま安易な考えで性行為を行ってしまうと、取り返しのつかない状態になることも予想できますし、それに気づかないまま日にちが過ぎてしまえば、妊娠してしまい生活に支障が出てしまうこともあります。

もし予想外の出来事で妊娠リスクが高まった場合には、モーニングアフターピルを使うことでそれを回避し元の状態に戻すことも出来ますが、使用する場合には何故アフターピルを使うことで避妊が出来妊娠を回避できるのかを理解しておかなければいけません。

生理や妊娠に欠かせない黄体ホルモン

女性の体の中では体のバランスを保つために女性ホルモンが分泌されています。

この女性ホルモンのバランスにより生理が起きたり妊娠した場合に体を変化させることが出来るわけです。

女性ホルモンには卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類があり、それらの分泌量が増えたり減ったりすることで妊娠しやすい体の状態と生理を交互に作り出しています。

特に黄体ホルモンに関しては、生理を引き起こす役割がある重要なホルモンとなっていますので、プロゲステロンの分泌量が多ければ卵子の排卵をストップさせ子宮内の状態も子宮内膜の増殖を抑えることが出来ます。

逆に卵胞ホルモンが増えればそれだけ妊娠しやすい環境になるため、妊娠を防ぎたいのであれば黄体ホルモンの量を如何にして増やすかが重要となります。

レボノルゲストレルが黄体ホルモンと同じ働きをする

お皿にのった薬
アフターピルの主成分は体内で分泌されている黄体ホルモンと同じ働きをするレボノルゲストレルとなっています。

体の中で分泌される黄体ホルモンは、自分の意志で意識的に増やすことは出来ませんので、もし性行為後にコンドームが破れていたり、避妊したつもりが出来ていなかった場合にはその状態を回避することは出来なくなります。

生理中の性行為であれば卵子の排卵もありませんし子宮内膜も着床できない状態なので妊娠することはありませんが、生理中に性行為を行うのは女性としても嫌だと感じる人が多いですし、男性も出来るだけ生理中以外の時に行為を行いたいと考えるでしょう。

その場合女性の体内では卵胞ホルモンが優位になっていますので、妊娠を避けたい場合にはどのように対策をするかが重要となり、もし避妊失敗していた場合に使用することになるのがモーニングアフターピルと言う薬になるわけです。

アフターピルを服用することで強制的に体内に黄体ホルモンを送り込むことが出来る為、体の状態は一時的に黄体ホルモンが優位な状態になります。

そうすることで体を騙し妊娠リスクを避けることが出来ます。

黄体ホルモン量の増加で一時的に妊娠していると錯覚を起こす

黄体ホルモンが体内で増加することで何が起きるのかと言えば、黄体ホルモンは生理や妊娠に関係しているホルモンのため、体内で増えることにより子宮内の機能に変化が起こります。

黄体ホルモンが一時的に増加したことにより、体はすでに妊娠しているのと錯覚を起こすことになり、卵胞ホルモンの分泌がストップすることになります。

卵胞ホルモンは妊娠しやすい体を作るためのホルモンですので、黄体ホルモンが増えたことで人工的に体が妊娠しているのと同じ状態を作り出すことが出来るわけです。

この同じ状態を作り出し錯覚させることが重要で、体を騙すことにより妊娠を回避できます。

そして妊娠中と同じ働きが体内で起こる

お腹でハートを作っている女性
妊娠と同じ状態を作り出したことにより、体内では大きな変化が起きることになります。

それが黄体ホルモンの増加による卵子の排卵を止めることと、子宮内膜の増殖を抑える働きです。

卵胞ホルモンが優勢な場合は妊娠しやすくするため子宮内膜が増殖を行い、卵子を向かい入れる環境を整えます。

そして卵子が排卵されそれに精子が結びつき受精卵となり内膜に着床し妊娠となるわけです。

しかしすでに妊娠していると錯覚させたことで子宮内の状態も妊娠した状態と同じになりますので、卵子も排卵されず子宮内膜も増殖をストップします。

アフターピルは生理が起こるメカニズムを利用している

一時的に黄体ホルモンを増やしたことにより、体内では妊娠した状態と同じことが起きます。

しかしアフターピルで黄体ホルモンを増やすことになるのはわずかな時間だけのため、その効き目が切れた場合には黄体ホルモンの分泌がストップしたと体は判断します。

黄体ホルモンの分泌が止まることで体は生理と同じ状態へと移行することになり、子宮内膜も剥がれ落ちることになり妊娠を防止することが出来ます。

モーニングアフターピルは生理が起きるメカニズムを人工的に引き起こすことが出来る為、性行為後でも強制的な避妊が可能となります。

生理は黄体ホルモンの分泌終了後に起こるという身体のメカニズム

基礎体温計と月経周期表
生理という現象は体内で定期的に起きているものであり、それには黄体ホルモンの分泌が深くかかわっています。

この黄体ホルモンの増加と分泌停止は生理が起きるメカニズムなので、通常は体内で定期的に起きている自然現象といえます。

このメカニズムは女性であれば誰にでもあてはまるものですし、生理が起きてしまえば妊娠していない証拠となりますので、アフターピルは上手く生理現象を利用している避妊法だと言えるでしょう。

黄体ホルモンの摂取・吸収終了がアフターピルで避妊成功のカギ

妊娠を回避するには黄体ホルモンの摂取・吸収が重要となりますし、吸収を一時的なもので留め、それ以上吸収させない吸収終了により体の中で人工的な生理を引き起こせます。

自分の意志で黄体ホルモンの分泌をコントロールできれば問題ありませんが、人の体はそんなに便利に出来てはいません。

そのため外部から黄体ホルモンを摂取できるモーニングアフターピルが存在しているわけで、それを上手く利用することが避妊成功のカギとなります。