緊急時のお守りとして持っていた方が良いモーニングアフターピル

クローバーを持っている手と虹

性行為を行う場合、子供が欲しいから避妊をしないまま行為を行うのであれば、計画的なので妊娠するのはむしろおめでたいことだと言えます。

しかし子供が欲しいわけでもなくただ快楽のために避妊もせずに性行為を行うことは命を考えた場合、非常に問題がある行為といえますし、もし妊娠してしまった場合にどうすればいいかといった問題も生じることになります。

その際に手助けとなるものがアフターピルと言う緊急避妊薬であり、それをお守りとして持っておくことで妊娠のリスクを回避することが可能となります。

ピルには常用と緊急用という2つがあるため、それぞれの違いを理解しておくことも、正しくアフターピルを使うためには必要不可欠な知識となります。

緊急用と常用、2つのピルの違い

2つのピルの比較
緊急用として使うアフターピルと常用として使用するピルの違いとしては、常用は毎日使用することで100%に近い避妊率を維持し、妊娠を防止することができる薬となります。

緊急用は性行為後に使用することで妊娠を回避するための薬であり、常用のように毎日使用するものではなく、緊急を要する場合のみ処方してもらえる特別な薬となります。

アフターピル(緊急避妊薬)

緊急用はモーニングアフターピルとも言われている緊急避妊用のピルとなっており、性行為の翌朝に飲むことからモーニングアフターピルと言う名前がつけられています。

成分となるのは黄体ホルモンのレボノルゲストレルを主成分としており、体内にレボノルゲストレルを強制的に取り込むことで生理と同じ状態を作り出し避妊を行う薬となっています。

日本国内では薬局などでは購入することが不可能な処方薬としての扱いですので、利用するには病院で処方してもらい服用することになります。

低用量ピル

低用量ピルのイラスト
低用量ピルは毎日継続して使用することにより体内の女性ホルモンのバランスを調整し妊娠し辛い状態を意図的に作り出すことができる経口避妊薬です。

低用量ピルの場合成分は卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンが配合されており、使用することで体が妊娠していると勘違いさせることができる薬となっています。

妊娠していると勘違いすると卵胞ホルモンの分泌が抑えられ排卵を抑制することが出来ますし、プロゲステロンの働きにより子宮内の子宮内膜の増殖も抑制する効果があります。

卵子が排卵されなければ受精することも無く、子宮内膜が増殖しないことで着床を阻害することもできるわけです。

コンドームをしていたのに避妊失敗!?

避妊をする場合にもっとも有名な方法となるのが、男性が使用するコンドームの利用でしょう。

コンドームは物理的に精子を子宮内に入り込むのを防ぐことができるため、装着した状態で性行為を行えば100%という避妊が可能となります。

しかしコンドームを使用していても正しい使い方をしていなければ避妊率100%は維持することが出来ませんので妊娠してしまうこともありますし、コンドームは非常に薄いゴムで作られたものですので、性行為中に破れてしまうといったリスクもあります。

使用期限を過ぎているものを使用すると穴が開いていたとか劣化により破れやすくなっていることもあり、そういったトラブルが起きた場合には避妊失敗してしまう可能性も高くなります。

そのためコンドームを使用すれば避妊は確実と思い込むのは間違いで、コンドームを使っても避妊を失敗することがあると理解しておかなければいけません。

低用量ピルの飲み忘れから避妊失敗!?

頭を抱えて落ち込む女性
低用量ピルを使っていれば体内のホルモンバランスを調整し避妊率をほぼ100%にすることが可能です。

しかしこれは正しく低用量ピルを使っている場合の話であり、本来の使用法から外れた使い方をしてしまうと避妊出来なくなってしまう可能性が高くなります。

特に多いのが低用量ピルを飲むのを忘れてしまう飲み忘れという問題で、低用量ピルは1シート28日分を毎日決められた時間に飲むことによりホルモンを調整しバランスを維持することができる薬です。

もし飲み忘れてしまい24時間を経過してしまうと体内のホルモンバランスは乱れてしまい避妊率も大幅にダウンすることになります。

これは低用量ピルの特性上飲むのを忘れた時点でその効果が失われてしまうことになるので、1日くらい大丈夫だろうと安易に考えていると避妊失敗に繋がることになります。

すぐにアフターピルが欲しい時は病院処方しかない

アフターピルは避妊出来ていなかったときにすぐ飲むと効果がそれだけ高くなる薬です。

しかしすぐに薬を欲しい場合でも、日本では医師の処方によってのみ薬を手に入れることができるので、あらかじめアフターピルを準備しておくということが出来ません。

しかも性行為前に受診をして医師から薬の処方をしてもらうということも無理ですので、どうしても欲しい場合は性行為後に出来るだけ早い段階で病院にいき、診察を経た上で医師が薬が必要と判断した場合に処方をするので、それを待つしか方法がありません。

でも病院へ行く手間や高額な費用がかかってしまう

膝をついて考え込む女性
病院に行って医師からの処方によりアフターピルを入手できた場合、非常に高額な費用を請求されることになります。

現在アフターピルを入手するための診察や書法に関しては、保険が一切適用されないため全て実費での自己負担となります。

その金額は1~2万円程度という高額なものですし、なにより病院にわざわざ行く手間もあるので、手間と時間、そして費用が重くのしかかることになります。

通販で買っておけば、緊急時にすぐアフターピルを飲むことができる!

アフターピルを通販で買っておけば、病院に行く手間も時間も無くなりますし、費用面での負担も約10分の一程度に抑えることが出来ます。

通販だとアフターピルは1,000~2,000円程度で販売されており、必要となるのは送料と薬代のみで購入できます。

しかも事前に買っておくことでいつも持っておくことができるので、不測の事態にも素早く対応することが出来素早い対処で避妊をすることが可能となります。

通販を利用することで、自分の意思で対策と避妊率をアップできるわけです。

アフターピルの評判について詳しい記事はこちら≫≫