危険な飲み合わせ

数多くの薬

避妊したい時、本来であればアフターピルのみを使うことになるわけですが、持病を持っていて処方薬を使っている人やアフターピルを飲む前に何かを食べたということも考えられます。

アフターピルには組み合わせてしまうと体に対して何らかの異常が発生する飲み合わせと言うものがあり、それを知ったうえで飲まないと思わぬトラブルを引き起こすことも考えられます。

アフターピルとあまり相性の良くない食品や薬って

組み合わせてはダメものはアフターピルを使用する際でも数多く存在しており、その組み合わせを正しく理解しておかないと避妊の効果を弱くしてしまう場合や飲み合わせによる体調不良が起こる場合があります。

薬としては病院で処方されている薬に関しては注意が必要となります。

特に抗生物質は組み合わせでトラブルが確認されているため、ペニシリン系の薬やテトラサイクリン系の薬は使用しないほうがいいでしょう。

喘息の人も喘息の症状を緩和する薬はアフターピルとの組み合わせが良くないので注意が必要です。

食品に関してはグレープフルーツを食べていた場合には、アフターピルの効果が弱まるのではなく、逆に副作用が強くあらわれてしまう可能性もあります。

サプリメントやハーブティーなども含まれる成分によって避妊の効果に大きな影響が出るものがあるので、サプリ等を日常的に使っている人は成分を確認する必要があるでしょう。

避妊効果を弱めてしまうもの

矢印の下降にショックを受ける女性
アフターピルとの組み合わせて避妊効果を弱めてしまうものとしては、セントジョーンズワートが代表的なものとなります。

このセントジョーンズワートはうつ病や更年期障害の緩和に効き目がある成分ですが、アフターピルと飲み合わせてしまうことで効果を弱めてしまい、もともとアフターピルが持つ効果を100%発揮できなくなります。

セントジョーンズワート以外にはチェストベリーが配合されているサプリ等も飲み合わせると効果を弱めてしまいます。

副作用が強くあらわれてしまう可能性がある

組み合わせにより吐き気などの副作用が強くなるといったものもあります。

これはアフターピルに含まれる成分が女性ホルモンのバランスを変化させるのにプラスして、さらに女性ホルモンを活性化させてしまうためです。

女性ホルモンを過剰に摂取してしまうと吐き気などの症状をさらに深刻化させることも考えられますし、吐き気が酷くなることでせっかく飲んだアフターピルを吐き出してしまう可能性も高くなります。

副作用を強くしてしまうものとしては、女性ホルモンを含んでいるサプリメントは全般組み合わせがNGとなりますので、近年流行しているバストアップサプリメントや、更年期障害やアンチエイジングに効果のあるプラセンタなどは一緒に使用しないようにすることが副作用を酷くしないために必要となります。

グレープフルーツもアフターピルの効果を強くするので、その影響で吐き気が酷くなるといった問題が出るので注意しましょう。

※参照※ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~-飲み合わせに関するFAQ

市販薬はアフターピルと同じタイミングで飲んでも影響なし!?

多種類の薬を一緒に飲む
アフターピルを使う場合、薬局などで売られている市販薬を使っても問題が無いのかと言えば、基本的には風邪薬や胃薬、吐き気止めといった市販薬であれば特に問題はありません。

これは市販薬に含まれる成分はアフターピルの効き目に対し影響を与えない為で、処方薬ほど効果が強くないということも関係しています。

吐き気止めや胃薬に関しては、アフターピルを使った時の吐き気や胃痛を防止するのに利用することもあるので、一緒に飲み合わせすることも多いため安心して使用できます。

ただし解熱剤に関してはアセトアミノフェンを含む場合には飲み合わせしないほうが良いでしょう。

これはアセトアミノフェンがアフターピルの成分と干渉してしまう恐れがあり、アフターピルの効き目か解熱剤の効果のいづれかに影響が及ぶためです。

繰り返しアフターピルの服用をすることは避妊の確率を下げている

アフターピルはいざという時につかう、いわば最終手段となる緊急避妊薬です。

確かに避妊効果は絶大なものがあるのは間違いないですし、性行為後に使用しても避妊効果を得られると言う点においては非常に優れた薬であると言えるでしょう。

しかしアフターピルがあるから避妊せずに性行為を行ってもいいと言うわけでは無く、アフターピルの効果に胡坐をかき繰り返し使用することで、実際には妊娠するリスクを高めており、避妊の確率が上昇していることに繋がっています。

これはアフターピルの成分に関係があり、使用を継続し続けることが逆に自分の首を絞める結果も考えられます。

排卵の遅延によって服用後の方が妊娠の確率が上がる!?

砂時計がセピア色の風景
アフターピルを繰り返し使用することで何故避妊の確率が大幅に低下していくのかと言えば、本来女性の体内では女性ホルモンのバランスにより生理と妊娠しやすい環境を整えていることになります。

通常はある程度規則正しい生理周期により排卵を行っていますが、アフターピルを使用することでこの周期に狂いを生じてしまうことになります。

繰り返しアフターピルを使用することでこの周期の狂いはどんどん大きくなりますし、排卵の遅延により正しい生理周期が訪れないことで自分でも避妊のコントロールが出来難い状態に陥ることになります。

生理周期が一定であればそれに応じた対策も可能となりますが、アフターピルにより排卵の遅延が生じることでその対策もやり難くなるわけです。

市販の薬との飲み合わせは問題ないが、用法・用量を守って妊娠に飲むことが大切

本来アフターピルは緊急的に避妊を行うための薬ですので、繰り返し使用するといった目的で作られた薬ではありません。

使用することで吐き気などの副作用も起きますし、飲み合わせによっては効果を得られない、逆に効きすぎて体調を大きく崩すと言ったリスクもあります。

そのため決められた用法・容量を正しく守り使う事が重要ですし、妊娠する前に使用することで初めてその効果を得ることが出来るものだと理解しましょう。

妊娠してからではアフターピルでもその状態をどうにかすることは不可能ですので、飲むタイミングやアフターピルの効果に頼りきりにならないことも使用する際には考えておきましょう。