低用量ピルとモーニングアフターピルの妊娠回避率の違い

数多くのピル

避妊を確実に行いたいのであれば、自ら対策を講じて妊娠リスクを回避する必要があります。

一般的にはコンドームを使用した男性側の避妊対策が知られていますが、やはり女性側も対策をすることでさらに妊娠回避率をアップさせることが出来ます。

その際に使用するのが低用量ピルとモーニングアフターピルの2種類の避妊薬ですが、これらには大きな違いがあるためどういった場合に使用するのか、避妊率などに違いがあるのかなどを理解しておく必要があります。

飲み方が大きく違う低用量ピルとアフターピル

2つのピルはそれぞれ服用することによって避妊効果を得られるものですが、それぞれの飲み方は全く異なっています。

基本的にはどちらも女性ホルモンを主成分とした飲み薬で、体内に取り込むことでホルモンのバランスを変化させ妊娠しづらい環境を作り出すことが出来ます。

しかしその飲み方は低用量ピルに関しては継続的に毎日飲み続けることで避妊率をアップさせる効果があるのに対し、アフターピルの場合は性行為後に1度のみ服用することで妊娠リスクを回避する薬となっています。

毎日飲むことが必須の低用量ピル

カレンダーと時計
女性の体の中では、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類が分泌量の増減をすることで妊娠しやすい状態と生理を誘発し子宮内の古くなった子宮内膜や卵子の排出を行っています。

基本的に卵胞ホルモンが優位な場合は妊娠しやすい状態になり、黄体ホルモンが優位になると卵子の排卵を抑制し子宮内膜の状態も着床しづらい状態にすることが出来ます。

低用量ピルは継続的に飲み続けることで、常に黄体ホルモンが優位な状況を意図的に作り出し、避妊率を大幅に上昇させることが出来るわけです。

しかし低用量なので継続して飲まないと効果が得られませんし、飲み忘れてしまうと黄体ホルモン優位な状態を維持できなくなり避妊効果を得られなくなります。

緊急で必要な時だけ飲むアフターピル

アフターピルの場合は低用量ピルとは異なり、黄体ホルモンの量を増やした高用量のピルに類似したものとなります。

低用量ピルの場合は黄体ホルモンを少しずつ摂取することで常に妊娠しづらい状態を作り出すことが出来ますが、アフターピルの場合は性行為後に避妊を失敗した場合に緊急で避妊を行うための薬となります。

アフターピルを摂取することで一時的に黄体ホルモンの量を大幅に増やし卵子の排卵を抑制し子宮内膜の増殖を抑えます。

そして一時的に増やした黄体ホルモンが一気に減少することで生理を引き起こす時と同じ状態を作り出し、避妊を行うことになります。

そのためアフターピルは継続的に使用するのではなく、必要なときだけ飲む緊急の避妊薬となります。

排卵抑制ができるかどうかで避妊率も変わってくる

丸とバツ
避妊率をアップさせるためには排卵抑制が出来ているかどうかが非常に深く関わってきます。

排卵抑制と言うのは子宮内に卵子を送り込むのを阻止している状況を意味していて、卵子が排卵されないということです。精子が子宮内に入り込んでも結びつく相手がいないため受精することは無く、受精卵が出来なければそれが子宮内膜に着床することもありません。

低用量ピルもアフターピルもこの排卵抑制を行うことにより高い避妊率を実現しているわけですが、その排卵抑制の効果には大きな違いがあります。

一定のホルモン量を保つことで排卵抑制がほぼ確実にできる低用量ピル

低用量ピルに関しては、毎日少しずつ黄体ホルモンを摂取し続けることで、体内のホルモンバランスを黄体ホルモン優位な状態で維持し続けることが出来ます。

通常は一定期間で卵胞ホルモンが必ず優位となり妊娠に適した環境を体が調えることになります。

しかし黄体ホルモンを常に優位な状態に保ち続けることで排卵を抑制し続けることが可能となり、低用量ピルを正しく使用している間はほぼ100%に近い避妊率を維持し続けることが出来ます。

排卵を遅らせて強制的に生理を起こすアフターピル

アフターピルの場合は低用量ピルとは異なり、体内の黄体ホルモンのバランスを一時的に変化させることで避妊を行う薬となります。

体の中に高用量の黄体ホルモンを取り込んだ場合、体は黄体ホルモンが分泌されたと錯覚を起こします。

この錯覚により体内では排卵を遅らせることができますので、本来であれば排卵されるはずの卵子が子宮内に送り込まれない状態となります。

アフターピルの場合1度使用するだけですので強制的に排卵を遅らせた後は黄体ホルモンの量が急激に減少することになり、その状況が起きることで体内では生理と同じ状態を作り出すことが出来ます。

生理が起きれば卵子も子宮内膜も剥がれ落ちることになり妊娠を回避することができるわけです。

低用量ピルとアフターピルの妊娠回避率

ピルの避妊率の違い
どちらも同じ黄体ホルモンを使用した避妊薬ですが、避妊率や妊娠回避率には大きな違いがあります。

低用量ピルの場合毎日規則正しく使用し続けなければいけないという手間はかかりますが、使用を継続していればまず妊娠することの無い状態を作り出せます。

その妊娠回避率は100%に迫るものとなっており、低用量ピルを正しく使用してさえいれば妊娠をほぼ回避することが出来ます。

一方のアフターピルの場合は使用する時間により妊娠回避率が大幅に変動します。

基本的には72時間を超えない間に使用することで約80~90%程度の避妊率となります。

しかしそれを超えた場合には避妊率も大幅に低下することになりますので、低用量ピルに比べると妊娠回避率にも違いが出てきます。

アフターピルの代用もできる低用量ピル

アフターピルは性行為後に避妊失敗していた場合に飲む緊急の薬です。

そのため手元に無い場合は医療機関で処方してもらう必要があるわけですが、低用量ピルを使用してアフターピルの代用とすることも出来ます。

これはヤッペ法という方法で、低用量ピルを時間を置いて複数回使用することで避妊効果を得る方法となります。

ただしアフターピルと比べると緊急使用時の避妊率がそれほど高くないのでその点には注意が必要となります。

それぞれの特徴をしっかり理解することが必要

パソコンとその前に置かれたペンとメモ
低用量ピルとアフターピルには大きな違いがありますし、低用量ピルは毎日使うことで避妊を可能にするのに対し、アフターピルは緊急を要する場合のみ使用する緊急避妊薬となっています。

成分はほぼ同じでも特徴は全く異なりますし使い方も違うので、それぞれの違いを正しく知り誤った使い方にならないようにすることが必要となるでしょう。